ポンパドール・パラソル:野望編

旅行記や建築の話を書くブログです。

国分町に行ったらすごく元気が出た

地震から6日間経って、電気・ガス・水道などが少しずつ復旧している反面、被災地の住民たちの精神的な不安、苛立ちはいっこうに募るばかりだと思います。ぼくも仙台市に住んでいて、地震後3日目ぐらいから、街で口論している人たちを複数見かけているし、ラジオやtwitterなどのメディアでは、マスコミ・政治・東電・買占めなどに対する批判が多くなってきているように思います。
この生活があとどれぐらい続くのか、ガソリンや灯油はいつ供給されるのか、原発は大丈夫なのか、自分の友人の安否など、多くの不安要素がまだまだたくさん残っていて、その上、この殺伐とした雰囲気で、やや精神的な疲労が溜まってきていました。
そんな中、今日はたまたま東北最大の繁華街・国分町を通ったら、思いのほか活気があり、すごく元気が出ました。

国分町は15%くらいの飲食店が営業していた

温かいラーメンを食べたい・・・とこの数日間ずっと思っていて、国分町でこのお店が営業していたので、即決で入りました。

麺や 晴れる家

食べログ麺や 晴れる家


f:id:matsukazuto:20110317225103j:image:w550
在庫だけで営業しているらしく、今後はどうなるかまだ予断を許さないけれど、この状況下で営業してくれることに感謝。ラーメン、すごくおいしかった。復旧したらまた来ようと思う。

そのほかにも、国分町では15%くらいのお店が営業していました。平時の賑わいには到底及ばないけど、各店で工夫をこらして今出せるメニューを最大限提供している感じで、その雰囲気にすごく勇気づけられます。
f:id:matsukazuto:20110317225104j:image:w550

牡鹿半島グループおしか半島

食べログ牡鹿半島グループおしか半島


この「おしか半島」という居酒屋では、味噌汁を無償提供していて、温かい味噌汁で体の芯まで温まることが出来ました。居酒屋としても営業していて、そのパワーに脱帽です!


そのほかでは、焼き鳥、焼き肉屋もやっている。
f:id:matsukazuto:20110317225105j:image:w550
f:id:matsukazuto:20110317225112j:image:w550

海鮮丼、から揚げ定食800円。
f:id:matsukazuto:20110317225106j:image:w550
ホルモン屋も営業していました!
f:id:matsukazuto:20110317225118j:image:h550
仙台の学生御用達、ユニバーサルダイニングもカレーなどを提供しています。こんな風に、例えば牛タン屋は牛タン弁当を販売したりとか、ラーメン屋はギョーザ弁当を販売したりとか、すし屋はおにぎりや巻物を販売したりとか、自分たちに出来ることを最大限やってくれている感じでした。
f:id:matsukazuto:20110317225109j:image:h550
f:id:matsukazuto:20110317225120j:image:w550
ホントは、全部のお店を紹介したいところだけど、寒くてそんなに回れなかったのが残念です。国分町に行くためのガソリンがない、というのはもっともだけど、行く手段があって、精神的に疲れが溜まっている人は、とても元気づけられるので是非検討してみてください。

そして、大変なときにこうやって営業してくれることに感謝して、復旧したらまた来ることも大事ですよね。ぼくはまた来ます!

広告を非表示にする