ポンパドール・パラソル:野望編

旅行記や建築の話を書くブログです。

日本一の芋煮鍋!芋煮会フェスティバルに行ってきました

コンニチハ

皆さんコンニチハ.ぼくはいま,織田雄二より日焼けしています!
なんで日焼けしているかと言うと,9/6日に山形県山形市で開かれていた芋煮会フェスティバルに行ってきたからです.芋煮会って東北以外の人にはあんまり馴染みがないような気がするので少し説明しますと,河原とかでバーベキューする感じで豚汁的なもの(芋煮を豚汁というと怒る人がいるので注意!)を作って食べるというイベントです.ぼくも毎年何かしらの芋煮会に参加しますし,メジャーな芋煮スポットでは毎年秋になるとたくさんのグループによる芋煮会が開催されています.東北の秋の風物詩って感じですかね.
f:id:matsukazuto:20090907183348j:image:w500
で,今回は山形で6mの大鍋を使った芋煮フェスティバルが開催されると聞いて行って来たのですが,とても楽しかったですよ.

芋煮フェスティバル

芋煮フェスティバルは山形市で毎年開催されるイベントですが,ニュースで見聞きするなどはしていたものの参加は今回が初めてです.さて,鍋の大きさは6mですから,いくら元気モリモリな人ががんばったとしても調理するのはかなり大変そうですよね.でもそこはアクロバティックに解決します.
f:id:matsukazuto:20090907163328j:image:w650

f:id:matsukazuto:20090907163427j:image:w650
こんな感じでショベルカーとかクレーンを駆使して調理するわけですね.
f:id:matsukazuto:20090907163321j:image:w300f:id:matsukazuto:20090907163322j:image:w300
作った汁は,ショベルカーを巧みに操作して小さな鍋に移し,集まった人々に配るというシステムです.
f:id:matsukazuto:20090907163337j:image:w650
まーとにかく人が多かったです.「たかが芋煮に何でこんなに…」と思われる方もいらっしゃるでしょうが,基本的にはお祭ですので人がたくさんあつまるんですよね(あとは東北,とくに山形の人の芋煮への情熱).
f:id:matsukazuto:20090907163336j:image:w300 f:id:matsukazuto:20090907163315j:image:w300
f:id:matsukazuto:20090907163340j:image:w300 f:id:matsukazuto:20090907163344j:image:w300
お祭ですから,芋煮以外にもさまざまな出店や出し物が用意されているので,「芋煮会に来たけど,芋嫌いなの…」っていうグズな人でも楽しめるようになっています.ぼくが食べた山形名物の「どんどん焼き」はうまかった!
f:id:matsukazuto:20090907163358j:image:w650
こちらの小さい(って言っても2mある)鍋では「庄内風」芋煮が振舞われていました.芋煮といっても地域ごとに作り方がさまざまあって,こちらももちろん美味しかったです.
f:id:matsukazuto:20090907163354j:image:w650
海苔とか乗せられて「えっ?」と思いましたが,これがすごくうまいの!
f:id:matsukazuto:20090907163314j:image:w650
庄内風の芋煮を食べて,いよいよ6mの大鍋(山形風)へ向かいます.

大鍋へ

f:id:matsukazuto:20090907163413j:image:w650
整理券を貰っていたので,わりとすんなりと汁をもらうことが出来ました.
f:id:matsukazuto:20090907163421j:image:w300 f:id:matsukazuto:20090907163417j:image:w300
いよいよ大鍋の近くへ…ショベルカーから,大量の汁が…!!
f:id:matsukazuto:20090907163419j:image:w650
我が手に!!
こっちのは山形風で醤油ベースで(さっきの庄内風は味噌ベース),そのほかにも細かい点で違いがあるのですが,とにかくうまいもんはうまい!ショベルカーで作っているので味にはかなりムラがあるはず…!と思っていましたが,みんなおいしそうに食べていました.

…が

芋煮が足りない 突然の配布中止に2千人どよめき−asahi.com
ぼくらが食べたちょっと後に,具が足りなくなって配れなくなるというアクシデント…すでに整理券とチケットを配っていたので「これは暴動が起こる…!芋ライアットだ!」と思い,なんなら「芋がないなら米沢牛を食べればいいじゃない!」とか言って主催者に向けられた怒りの矛先をこちらに向けてあげよう…とまで思いましたが,けっきょくチケットの払い戻しにみなさん紳士的に応じられているようでした.
トラブル発生から発表にけっこう時間があったようで,その間あの炎天下で並んでいた方々はほんとうにご愁傷様でした….
f:id:matsukazuto:20090907163423j:image:w650
トラブルに混乱する料理人たち…来年はがんばりましょう!

まとめ

日本一の芋煮フェスティバルに行ってきました.トラブルはありましたが,来年はがんばってくれると思いますし,基本的にはとても楽しく美味しいイベントなので,来年は皆さんも行ってみてくださいね.
日本一の芋煮フェスティバル
芋煮会-wikipedia