ポンパドール・パラソル:野望編

旅行記や建築の話を書くブログです。

秘湯らしい青荷温泉ランプの宿に行ってきた思い出話

アクセス

行ったのは今年の6月くらいじゃなかったかと思うんですけど,青森県にある秘湯・青荷温泉に行ってきました.何で今頃紹介するのか,といいますと,面倒くさくて忘れたフリをしていたのと,これから紅葉シーズンなので,行ったら楽しめるんじゃないかと思ったからです.
ちなみにどのぐらい秘湯なのかと言いますと,

大きな地図で見る
こんな感じで山の谷間にあります.
秘湯だけども公式ホームページがありますので電話で予約してから行ってくださいね!
http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/index.htm

ところで,秘湯の温泉宿というと,「湯けむりスナイパー」ですが,元殺し屋の源さんはいませんでした.

湯けむりスナイパー 第1巻 (マンサンコミックス)

湯けむりスナイパー 第1巻 (マンサンコミックス)

ランプの宿

仙台から車に揺られて何時間掛かったか分かりませんが,青森についてからも山を越えたりしながらようやく着きました.
f:id:matsukazuto:20080606200322j:image
↑「よぐきたねし」っていうのは「ようこそいらっしゃいました」って感じでしょう.
尚,以下より手振れしまくった写真が多くなります.
f:id:matsukazuto:20080607063130j:image
↑昼間に撮ったロビーの写真です.
昼なのにぶれてちゃ世話ないですね.
f:id:matsukazuto:20080606200418j:image
f:id:matsukazuto:20080606200537j:image
↑売店です.「どしてらば」の意味はわかりません…
f:id:matsukazuto:20080606202145j:image
↑ロビーを照らすランプ
f:id:matsukazuto:20080606235954j:image
↑カッコイイですね

尚,この宿はすべてこんな感じで,蛍光灯とかはありません.
f:id:matsukazuto:20080606191907j:image
↑メシや!メシや!
ゴハンはめちゃめちゃ旨いです.鮎とか出ますよ.
f:id:matsukazuto:20080607063309j:image
↑読みづらくてスイマセンが「ひんち」って書いてあります.便所のことだそうです.
こんな感じでわけのわからない言葉が旅館全体に掲示されているので,外国気分も味わえます.

部屋・温泉

宿泊したのはいわゆる「離れ」で,こんな感じです.
f:id:matsukazuto:20080607064022j:image
↑ぼくが泊まった十方堂
f:id:matsukazuto:20080606201021j:image
↑室内の一部
明るく見えるのはフラッシュのためで,本当にランプだけの暗闇です.ランプだけでとてもムーディなので,彼氏彼女と行くととても楽しめると思います.ぼくの場合は,男三人で行ったので,ランプを囲んでトランプしたり怪談話をしたりしていましたね.
f:id:matsukazuto:20080607060744j:image
↑離れと本館を結ぶつり橋
本館と離れがいくつか,あとは温泉が露天のほか,足湯・内風呂×2と豊富に揃っています.
f:id:matsukazuto:20080607063507j:image
↑足湯です.「混浴の気分 ドキドキする足湯」…
男3人で入ったのですが,気まずくなったのでさっさとでました.
f:id:matsukazuto:20080607063520j:image
↑大浴場に相当するところ.
広くて気持ちよかったです.

あと,近くには川が流れていて,いい感じですよ.
f:id:matsukazuto:20080607063728j:image
↑近くというか,すぐそばの川
f:id:matsukazuto:20080607063437j:image:w300

まとめ

青森県にある青荷温泉ランプの宿に行ってきました.
これからは紅葉の季節で,すごくキレイになることは間違いないと思うので,休みを見つけては行ってみると楽しいのではないでしょうか.温泉も気持ちよかったですよ.
f:id:matsukazuto:20080607080221j:image