ポンパドール・パラソル:野望編

旅行記や建築の話を書くブログです。

時間の流れが止まった島・犬島に行ってきた

概要/アクセス

岡山県岡山市,瀬戸内海に浮かぶ犬島に行っていました.

大きな地図で見る

もともと良好な花崗岩の産出で知られる島で,1909年には銅の精錬を行う精錬所が建設されました.しかしその後銅価格の大暴落により,わずか10年でラ・フランス(用なし)となり,最盛期では人口3000人を抱えた島も,今ではわずか50人あまりとなっているそうです(もっとも若い人で60歳を越えているのだそう).
f:id:matsukazuto:20080815124049j:image:w600
↑島へは船で.
岡山駅から電車とタクシーかバスを乗り継いで宝伝港に行くと,そこから定期船が出ている.ただし本数は少ない.そのほか,直島からのシャトル便も出ている.

犬島アートプロジェクト

その犬島ではさいきん,その精錬所跡などを利用した建築家三分一博志・アーティスト柳幸典によるアートプロジェクトが進められていて,いまはその第一期として精錬所が公開されています.
犬島アートプロジェクト
※鑑賞の際には,webでの予約が必要です.
f:id:matsukazuto:20080815125337j:image:w600
↑アートプロジェクトの受付所
イヌジーマって感じでなんかカッコいい.

犬島

f:id:matsukazuto:20080815135840j:image:w600
f:id:matsukazuto:20080815133813j:image:w600
↑島の道路はたぶん車の通行をまったく想定していないため狭く,周囲には誰も住んでなさそうな家がたくさんありました.そのあまりの静けさに,時間が止まったような印象を受けました.
f:id:matsukazuto:20080815132709j:image:w600
↑すごく静か.
f:id:matsukazuto:20080815134632j:image:w290 f:id:matsukazuto:20080815140157j:image:w290
↑犬島港.エイがいた!
f:id:matsukazuto:20080815125220j:image:w600
↑遠くに見えるのが精錬所.

とにかく,音がしない.人がいない.セミの鳴き声がこだまするばかり.

精錬所

f:id:matsukazuto:20080815164109j:image:w600
↑入り口です.銅っぽい!
f:id:matsukazuto:20080815162106j:image:w600
↑こんな感じ
f:id:matsukazuto:20080815162059j:image:w600
↑ガラスっぽい部分は三分一さんによる建築
f:id:matsukazuto:20080815162722j:image:w600
↑この煙突,落雷で壊れたんですって.
f:id:matsukazuto:20080815163056j:image:w600
↑トロッコが走っていた線路
f:id:matsukazuto:20080815163318j:image:w600
f:id:matsukazuto:20080815162112j:image:w600
f:id:matsukazuto:20080815162458j:image:w600
f:id:matsukazuto:20080815163611j:image:w600
↑精錬過程で発生する鉱滓からなるカラミ煉瓦っていうらしいです.

精錬所の遺構と三分一さんによる建築(写真撮影禁止…)が繋がっています.
風や太陽光など自然エネルギーを利用した空調が行われています.中は洞窟のような暗さで,そのうえ色々な仕掛けがあり,とても面白かったです.

まとめ

犬島の精錬所を見てきました.
島全体に静けさが行き渡っていて,時の流れを忘れるほどでした.
都会の喧騒から離れてゆっくり過ごしたい方は,ぜひ行ってみるといいですよ.というか,ぼくもまた行きたいので誰か誘ってください.
f:id:matsukazuto:20080815152720j:image:w600

参考

犬島ものがたり (福武教育文化叢書)

犬島ものがたり (福武教育文化叢書)


↑犬島でも売っていました!